壊れにくい手動のシュレッダーおすすめ3選!※壊れるのは使い方?

家電

壊れにくい手動のシュレッダーって理想的ですよね。

ハードに使っても壊れない、何枚も紙を重ねてシュレッダーに突っ込んで裁断しても何ともないのは素晴らしいです。

ただ手動のシュレッダーでそういった商品はなかなか無いということを予め言っておきます。

壊れにくいのは実は使い方の問題なんです。

スポンサーリンク

手動シュレッダーをハードに使って分かったこと

私は手動シュレッダーをこのくらいに使います。

ゴミ袋一杯になっていますよね。

ただ使い方が悪かったようで新品の手動シュレッダーを初日で壊しています。

使い方次第で一日で壊れてしまうのが手動シュレッダーだということです。

手動シュレッダーの正しい使い方

メーカー推奨の裁断枚数を守る

ゆっくり手動で回す

大した話ではないです。

第一にその手動シュレッダーの説明書にある通りの裁断枚数を守ることが大事です。例えば早く作業を終えたいので3枚とか5枚とか一気にシュレッダーしようとすると紙が詰まって動かなくなります。基本的に手動は1枚ずつ裁断するのが普通です。

次に手動ですから自分でハンドルを回してシュレッダーするのですが、急いで回す、力いっぱい回す人がいます(わたしですが…)。これも故障します。最後シュレッダーのハンドルが空回りして完全に使い物にならなくなります。

手動シュレッダーはどれも簡単に壊れる

手動シュレッダーって安いタイプでも結構しっかりした作りになっています。

しかしこれが簡単に一日で壊れてしまうんですね。力の強い男性であればなおさらです。

やはり強く回したりすると刃を噛み合わせている部分が耐えられないようです。

何が言いたいのかと言えば絶対に壊れない手動シュレッダーというのは無いから諦めましょうということです。

壊れにくい手動のシュレッダーおすすめ3選!

こちらでは壊れないではなく、壊れにくいコスパが高いおすすめ手動シュレッダーを紹介します。

OHM HS-KRM2TK

これは私が今使っている手動シュレッダーです。2~3年使っていると思うのですが壊れていません。

若干本体が重いのですがそれだけ刃が立派なのでしょう。安くていいです。万一壊れたとしても諦めが付きます。

私が電気店で買った時は2,800円もしたのですが、今Amazonで見ると1,500円程度で売られていて悲しかったです(;_;) 今はとても安いです。

アイリスオーヤマ ハンドシュレッダー H1ME

アイリスオーヤマと言えばコスパが高い家電を作る国内メーカーです。

国内メーカーというだけで何か壊れにくい気がしませんか?信頼性は高いです。

しかもAmazonでは1,000円弱で売っていてかなり安いです。Amazonでは売れ筋ランキング一位の商品ですね。

無茶な使い方をしない限りは長持ちするでしょう。

アスカ asmix ハンドマイクロカットシュレッダー HM02W

こちらの売りは2枚同時細断タイプということですね。

ただ口コミでは2枚やるとハンドルが重くなって駄目だということですね。

この気持ち分かります。どの手動シュレッダーでもA4用紙を2枚細断しようとするとハンドルが重くなるんですね。1枚推奨タイプですと壊れる原因になりますね。

こちらも1,000円台なので安くて人気が高い商品です。