ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは本体のみかディープクリーンエディションか?

家電

ソニッケアーにはいろいろ種類がありますがこちらでは歯垢除去力が高いと言われるダイヤモンドクリーンの購入についてお伝えしてきます。

…というか私が買ったのがダイヤモンドクリーンなのでその他の種類については論評できないでしょう(笑)。

こちらでは

■ダイヤモンドクリーンには本体のみダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション等(セット)があるがどちらを買うべきか?

ということ中心にお話していきます。

スポンサーリンク

ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディションとは?

まずダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション本体のみの違いについてお話します。

まずダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディションは種類(新旧モデルやAmazon専売モデルなど)によって多少の違いがあるものの、基本的には

・本体の電動歯ブラシ(5つのモード付)

・替えブラシ(2~3本セット)

・充電器

・コップ充電器(ガラス製)

・充電トラベルケース

・その他USBケーブル類等

こういった内容のセットで「ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション」と称しています。

新しい方のダイヤモンドクリーン↓

古い方のダイヤモンドクリーン↓

ダイヤモンドクリーン本体のみとは?

一方、ダイヤモンドクリーン本体のみという商品もあります。

こちらは電動歯ブラシと替えブラシ、そして充電器セットで必要最小限のセット内容になっています。

ただフィリップスの公式サイトでは販売終了となっています。

ただ諦めてはいけません、Amazonではまだ販売中なのですね。

…というようにありました。無駄なものがなく価格もセットより本体のみの方が安いと思いきや”HX9302”という古い方は本体のみ(廃盤)とディープクリーンエディション(セット)はAmazonだと同じくらいの価格になっていますね。

そういったことで型が古い”HX9302”ならセットの方が良さそうです。

新しい型のHX9315は本体のみはありません。セットの価格は古い型より3000円くらい高いです(※Amazonは日によって価格が変わります)。

ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディションってどう?

ガラスコップ充電器を使ったことがない…

ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディションというセットはどうなの?と思われるかもしれません。

まずガラスコップの充電器。これ何かカッコイイですよね。ガラスコップで充電できるのか!?と最初驚きでした。

…でも一回も使っていません(笑)。

理由としてはガラスコップは割れる恐れがあるので普段は箱にしまったままです。そして充電する頃には忙しくて箱からガラスコップの充電器を出す余裕がありません。なので普通の充電器に置いて充電しています。

そういったことでガラスコップ充電器を使う余裕がある方には良いと思われます。

充電トラベルケースにキャップ付き替えブラシが入らない…

次に充電トラベルケースがあります。こちらは旅先にもコンパクトに電動歯ブラシを持っていけるということで便利なものです。

充電トラベルケースには本体と替えブラシをバラして収納します。

こんな感じで収納してケースにUSBケーブルを差してケースに入れたまま充電できるという優れたケースになっています。

しかし問題としては替えブラシにキャップを付けると蓋が閉まらないということ…。

こちらは替えブラシにキャップを付けました。するとケースに入りません。

当たり前ですがケースの蓋が閉まりません…。

替えブラシにキャップを付けても必ずしも清潔だとは言えません。そんなにも変わらないのかなと思ったりするのですが細かいことが気になる方はきっとキャップを付けてケースに収納したいはずです。

ここは要望があったのか最新のダイヤモンドクリーン スマートでは改善されていてキャップを付けたままトラベルケースに収納できるようになっています。しかし最新のダイヤモンドクリーンスマートは価格が何と35,000円程度もします(笑)。

さすがに高すぎると思いましたw

まとめ ダイヤモンドクリーンは何を買うべきか?

まとめとしてですが、まずダイヤモンドクリーンを買う場合は新旧モデルがあってここを理解しないとややこしいでしょう。

■HX9302(旧モデル)

■HX9315(新モデル)

この違いとしては車で言えばマイナーチェンジみたいなものですね。基本的にはそんなに違いがないと言えます。

当然ですが旧モデルが安い。そして旧モデルは本体のみの商品が購入できるということです。公式では廃盤モデルですがAmazonでは在庫品が買えます。

ただ旧モデルを買う場合には本体のみよりもディープクリーンエディション(ガラスコップ充電器とトラベルケース付き)の方が良いです。理由としては価格がAmazonで何故か同じだからです。

よって本体のみは今のところ買う理由はありません。

新モデルの場合は現在のところ3000円くらい高く、本体のみは売ってないです。

そんな感じですね。最後に使ってみての感想ですが、私はダイヤモンドクリーンのディープクリーンエディションを買いましたが付属品は余り使っていません。しかし電動歯ブラシ自体は満足感があって買ってよかったです。これからも使い続けたいくらいの品質です。

新しい方のダイヤモンドクリーン↓

古い方のダイヤモンドクリーン↓