NHK党(ハゲ党)が解党すべきである論拠とは?※NHKをぶっ壊すは大嘘

NHKから国民を守る党

NHK党(※将来的にはハゲ党なる)は解党するべきある論拠が明確になりつつあります。

最も大きな理由とは「NHKをぶっ壊す」ということが嘘であることです。

これは完全に有権者は騙されたと言って良いことでしょう。

党首の立花被告はすでにハッキリと言っていますが、

■NHKをぶっ壊すというつもりはサラサラ無い

■NHKからの被害者をお守りすることだけが目的

…ということなんですね。実はNHK党の政治的な?目的というか活動内容は被害者を守るだけです。

まだまだ多くの人々は誤解していて立花孝志が何かNHKと対峙しているんじゃないか?、放送利権と戦っているという間違ったイメージを持っているのではないかと思われます。

これは明らかにNHK党が悪いです。何と言っても常にNHKをぶっ壊~すなどと言っていてこれは全部ウソです(誤解させるようなことを常に連呼するのは嘘になるでしょう)。

スポンサーリンク

立花孝志は放送法なんて理解していない

まず立花被告は常々、NHKの放送内容については批判するべきではないとしています。

彼はそれについて料理の話に例えていて、「ご飯を食べに行って不味かったら行かなきゃいいだけ、自分が好きな味付けの店に行けば良い」としています。

つまり「NHKのニュースの内容、主張などが気に入らなかったら見なきゃいいだけじゃん」と関西人のくせに横浜弁で言うわけです。

NHKのニュース内容が気に入らない方々は日本にも一定数いてよく言われるのが公正中立性がないというような批判があります。だからNHKを何とかしたいと思われている方々もいますよね。

しかし立花被告はこういった意見に対しても気に入らなければ見なきゃ良い、自分が気に入った放送局を見ればいいじゃんと言うわけです。

ですからこの点において意見の対立があり、立花被告は「自分は活動家じゃない」と言ってNHKをぶっ壊すことを拒否しているんです。

放送法を理解していれば報道姿勢は問題視されるのは当然

放送法というのは全ての放送局が守るべき法律です。

第一条 この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。

一 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
二 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

三 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

正直、立花被告が放送法の内容なんていうものを知っている訳が無いと思うのですが以上のことを政治家であれば普通は知っておかないといけません。

法律によって全ての放送局において放送の不偏不党が定められており、偏った番組内容であってはいけないということになっています。

例えば立花被告は「アメリカはFOXニュースは右寄りで共和党を応援しているがCNNは左で民主党を応援している、日本のテレビもそういう特色があって良い。見たくなきゃ見なきゃ良い」などと供述しているんですね。

こういう考え方は明らかに法律に無知でNHKについて語る資格すら無いことを証拠立てるものと言えるでしょう。立花被告は得意げに上のようなことをよく言いますが本当にバカだと思いますね😌

これは民放であっても立憲民主党寄りであることや自民党寄りであることを禁止していますから、一応は公共放送の位置付けであるNHKであれば党派性があるなんていうことはご法度中のご法度ということになります。

これが事実であれば完全に放送法違反となります。

政治的に公平であることが求められる

日本の放送局は政治的に公平であることが求められています。

第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。

四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

放送法はこちら

放送法の第4条で明確に「政治的に公平であること」が定められており、例えばTBSの某番組のように自民党だけをバカみたいに叩くという内容はそもそも放送法に違反する内容に該当する可能性はあるでしょう。

それがマスコミの使命であると喚いてる人達もいらっしゃいますが放送法の観点から言えば微妙なラインです。

とにかく民放は置いておいても公共放送であるNHKは特に報道については注意深くあらねばなりません。

また現在のように民放のような軽いノリのニュース番組を作成するということは受信料を払っている視聴者にとって大いに不満がある部分ではないかと思われます。

強制的にお金を徴収されているのに不味い料理ばかりでは文句が出るのは当然です。しかしNHKは一切反省の様子がなく立花被告のように見たくなければ見なきゃ良いという態度に終始しているようです。

だからこそNHK党に期待する人々もいるのに立花はNHKと全く同じ態度を取って税金で飯を食わせて頂いているのにも関わらず「見たくなければ見なきゃ良いじゃん」といつもバカ面で言い放っているのです。これが非常に大きな不信感を国民側に抱かせている理由の一つになっているに違いありません。

「見たくなければ見なきゃ良いじゃん、バーカ」

放送内容についても偏っていると考える人々もいるようでし、こういった声を無視して何もしない(何もすることがなくなった)NHK党の存在意義は全くもってありません。この世から消えて然るべきです。

NHK党は単にNHKからの被害者をお守りするだけの活動内容

「ぶっ壊す」とホラを吹いて当選した参議院選挙

NHK党は国政政党である必要性は微塵も無いと言って良いでしょう。

実はNHK党は単にNHKからの被害者をお守りするだけの活動内容なんですね。

たったそれだけで数億円も税金から貰うということになっています。

最近ではNHK自体が集金業務も辞めてしまったのでNHK党は何もすることがない状態です。

NHKから訴えられて裁判に負けた人の相談に乗ったり、払っていない受信料をNHK党が肩代わりして払っていることがあるなどと立花被告が言っているようですが大した人数ではないでしょう。

そもそも訴えられている人達はテレビが家にあるから訴えられている訳じゃないですか?

結局テレビを見ているんでしょう。見ているのに払っていない。だから訴えられている。訴えられて裁判に負けて差し押さえに遭い、滞納していた受信料を払うことになったのです。

その一部をNHK党がたまに肩代わりしているから国政政党である必要性があると立花被告は言い訳のように今言っているのですがこれは明らかに後付けでしょう。集金業務もなくなって最早やることがなくなって国民から今NHK党は何をやっているのか追求されて困った挙げ句にでっち上げをしているだけなのです。

以前のように集金人が来てバトって追い返したというのも当然有りません。やることがもう無いんですこの党は😌

ですから早く解党すべきです。NHKとも一切対峙する気もありませんし立花がゴルフしてるだけです。本当にクズです。