立花孝志被告がついに有罪率99%超の裁判へ※「最後」に身勝手な言い分を動画へ収める

NHKから国民を守る党

久しぶりの今週のN国党です!

さて、ついに全国の「立花ファン」が待っていた立花孝志被告の裁判が
2021年1月18日(月)に始まります。

言っておきますが刑事事件で起訴されているので有罪率は99%超です。間違いなく有罪であり立花被告が無罪を主張していくそうですがお疲れ様でしたということになります😌チーン。

スポンサーリンク

余りにも身勝手な主張、1ミリも成長していない立花被告

超久しぶりに立花被告の動画を拝見させてもらったのですがこれは完全にQですね、

まず冒頭から立花被告が国会議員だった頃の犯罪の疑いについて無罪を主張しているんですが、もし裁判所で裁判官がこれを聞いたら何と言うだろうかと推測すると「身勝手な主張」という言葉がしっくり来るなという印象です。

もうSNS上で明確に脅迫、恫喝を堂々と行っている訳ですね😌

立花被告は「道歩けなくするぞボケェ」みたいな文言でやっちゃってるんですよ。それでも立花被告は「殴ってないからセーフ」とか「私が実際に暴力を振るいに行くと思いますかァ~?」とか自分の信者の方々に問いかけている訳です。

そりゃ立花被告を今も熱烈に盲信されている方々からは「立花さんは正しい!NHKをぶっ壊す!」とか訳の分からない反応が当然のように返ってくるんでしょう。しかし2021年1月18日の相手はこの国の裁判官ですからね。そこを立花被告自身は履き違えないで欲しいと思います。

不正競争防止法は協力者が有罪に…

立花被告はすでに3つの犯罪(の疑い)について起訴されています。脅迫の次は不正競争防止法です。(※3つ目は新NHK会長宅へのお礼参りによる威力業務妨害です😌)

こちらは協力者の元NHK集金人の方が有罪になっていて執行猶予が付いたものの懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月、罰金30万円)という重い判決がすでに出ています。

刑務所には行かずには済みましたがコレ犯罪者ですよ。27歳の子だそうです。

立花被告は誠心誠意、彼に謝罪したんでしょうか?知らないけど

本当ひでー話です。何の罪もないような若い人を犯罪に巻き込んでその後のフォローもないんでしょう。

直接に立花被告と関わっちゃいかんよと口酸っぱく言ってる訳です。「ダメ。ゼッタイ。」レベルです。

世の中には関わっちゃいけない奴がいるんですね。これはマジです。立花みたいなのは要注意も要注意ですね。ふう、、、。

この他にもN国の選挙に何百万円も無駄金を注ぎ込まされて裁判になっている人もいれば(裁判には至らない)まだまだかなりの恨み節の方々もいます。一人で数百万円出して1円も戻ってきていません、何の見返りもないです。そういう人多いです。。

立花は借りた金も含めて「正義のため」と言って自分のために無尽蔵に浪費しています。

\N国党って面白そう!楽しそう!/ 

\NHKと戦ってるんだ~!/

全部嘘です😌

立花はこの期に及んでも反省がないので実刑の可能性がある

さて立花被告は今後ど~なるのかと言えばもちろん3つの刑事事件で裁判になるので10000000000%の確率で有罪となります。仮に1個くらい無罪になったとしても(絶対ないけどね)どっかで引っかかるので確実に有罪です。

そして態度が本当悪いですよねぇ~こいつ。

反省の色は全くないですし、まだ(自分だけの)正義に浸ってるんですね。

直近までゴルフ党とか抜かしていた奴が裁判が近くなって急にNHKと戦っている正義のヒーローになっちゃってる訳です。もう戦う意思も気力も理由もない癖に急にまたヒーロー役に憑依しちゃってるんですね😌

この前のNHK討論の映像を見ましたか?


コレなんですが(消えるかもしれません)、NHKの弁護士法違反とか言っているものの全く勝算がありません。NHKにこれで裁判に勝つと紙を見ながら言ってますよねぇ…。即NHK側に反論されてます。NHK側もこれは無理筋として相当の自信があるからこそ同じ映像内で「NHKとして反論していきます」とか胸張って言われてるんですね。異例ですよこんなのw

まあそれはともかく立花被告が反省していないし、よく分からない無罪主張をまた繰り広げる訳ですから執行猶予無しの懲役になってもおかしくないなと思っています。執行猶予無しは結構重い犯罪でないと無理なんですがここらへんは実際に裁判になってみないと分からないでしょう。

ホリエモンも反省してないから以前実刑になった訳です(通常では実刑になるケースではなかったのです)。立花被告の場合は更に輪をかけて一切悪いと思っておらずむしろ「正義は我にあり、だから無罪だ」などという危険人物によくありがちなことを言っているんですよね(困った困った)。

これを裁判官が「アホみたいな主張」と取るかそれとも「危険思想」と取るかは分かりませんが執行猶予無しの実刑になる可能性は十分にあると思いました。

取り敢えず2021年1月18日からの裁判の経過を皆さんで見守っていきましょう!