ホリエモンが都知事選に出ないことが判明!?※実は立花の妄想によるものだった

NHKから国民を守る党

今週のN国党です。

ホリエモンが都知事選に出ないことが判明か

今週判明した事と言えば「ホリエモンが都知事選に出ないかもしれない」ということです。

これは今週の党幹部会見の冒頭なのですがいきなり何を言ってるのか意味が分かりません。曖昧なことばかりで「こいつは大丈夫じゃない」と思いました。

N国党や立花孝志をよく知っている方にとってはそうだろうね😌という話なんですが立花孝志をよく分かっていない方からするとえ?そうなの!?と思われるかもしれません。

そもそもホリエモンが都知事選に出るとか出ないとか言い出した発端というのは立花孝志が「たった300万円で自分の宣伝ができる、これは美味しい」とホリエモンに吹き込んだからです。

都知事選に出るには300万円の供託金が必要でありこれが仮に没収されたとしても現在のように連日メディアで取り上げられれば300万円が格安に思える程の宣伝効果が見込めるということだったのです。

スポンサーリンク

ホリエモンは結局出馬せずただの宣伝で終わる可能性も

しかもこれだけ騒いで結局ホリエモンは都知事選に出ない可能性が高まっています。

そもそも小池さんに勝てないので何で出馬するんだ?という疑問がありませんか。

最初から負けると分かっている上にホリエモンは知事なんてやりたくないと言っているので、やはり出馬を匂わせて無料で本の宣伝、炎上ビジネスで終わりということになりそうな予感しかしません。

結局ホリエモンは300万円すら払わないし、立花孝志による憶測でメディアの記者の人達も引っ掻き回されただけということになりますね。

いや~心からバカくさいことやってんな~って。

これが何の意味があるんだろうと。

立花さんには一刻も早く裁判で有罪判決を受けて自称政治家を辞めていただきたいものです。

※現在、立花孝志の裁判がコロナ禍で遅れているようですが刑事事件での起訴の場合はこれまでのところ99.9%で有罪判決になっています。

宣伝効果があると言ってもホリエモンくらいしか活かせない

しかしこういうのは全ての人にとって宣伝効果があるという訳ではないでしょう。

ホリエモンのようにある程度知名度があって何か売るもの(例えば自分の本とか、有料メルマガやっているとか)があるなら宣伝効果もあるでしょう。

しかし泡沫候補で全く知名度もない人が300万円出して都知事選に立候補してもそもそもメディアに取り上げられないですし、意味のない立候補によって周囲からバカにされたりする可能性がありマイナスになる場合もあります。

従って今回のバカみたいな立候補騒ぎというのは自称インフルエンサーである堀江貴文さんくらいしかメリットが無いように思えます。

ただ自分の宣伝のために選挙を利用するなんて最悪のクソ人間じゃないですか?

こういう事を平気でやるから立花もホリエモンも嫌われるんだな。

今回のホリエモンの都知事選立候補は立花の妄想

やっぱりホリエモンが立候補するとうそぶいたのは立花孝志であり、ここまで騒いで出ないとなれば立花孝志の妄想だったと言われても仕方ないでしょう。

ホリエモンと連絡もろくに取れていないのにホリエモン新党の夢を語る立花

今週もこいつやべーなって思ったのは「ホリエモンと連絡もろくに取れていないのにホリエモン新党の夢を語っている」のです。


ホリエモン新党の夢とは検察改革が一丁目一番地らしいですよ。

もはや病気ですね(前からですが)。言葉がないです。

そもそも検察改革なんてあなた(立花)ができる訳ないです。誇大妄想もいい加減にしましょう。NHKのことすらできてないのに検察改革って…。

最高難易度じゃないですか。

元パチプロのチンピラが検索改革とか冗談でも言わないでくださいよね。もう見てるのがしんどいレベルで早く消えてくんねえかなって思ってます。(多くの方がそうだとおもます)

今週は以上です!