立花孝志がコロナ自粛から国民を守る党を結成!都知事選立候補へ

NHKから国民を守る党

今週のN国党です。

今週はとりたてて何も無かったのですがまた立花孝志が下らない発言をして顰蹙(ひんしゅく)を買っています。

ハッキリ言って彼は喋れば喋るほどマイナスになっていて「人間性の浅さ」「発言内容の陳腐さ」にウンザリ!という人が大半になっているようです。今後も何を行ったとしても挽回不可能であり政治家引退不可避とすでになっていることに本人が気付いているのでしょうか…?

スポンサーリンク

立花孝志が新たにコロナ自粛から国民を守る党を結成!


立花と幸福実現党は言ってることが同じだという指摘は多い

さて先週はNコロ党に党名を変えるとか言っていた立花氏ですがそれはうやむやになって(やっぱり)無くなったようです。

その代わりに新しく「コロナ自粛から国民を守る党」を結成するようです。

何で?と言われると、立花氏によれば都知事選に立候補するために立ち上げるそうです。

今のN国党のままで立候補すると「NHKだけのことをやれ!」と有権者に怒られるので別の政治団体を立ち上げてそちらで立候補するというプランなのだそうです。

党役員会みたいな会合でも理解不能のようで出席者はほぼ渋い顔でした。。

しかしいずれにしても有権者に怒られると思いますね。「コロナ自粛から国民を守る党」で立候補したとしても現在N国党党首であるのは変わりません。看板をもう一つ作って「N国党ではない」と彼が言い張ったとして一体何になるのでしょうか?

やっぱり彼の言っていることの意味が分かりません。

自分の中で問題無いと思い込んでいるだけでしょう😌

立花「世論は感染すると死に至ると勘違いしている」

さて立花氏によると「世論は(コロナ)感染すると死に至ると勘違いしている」ということのようです。

一体誰がそんなことを言っているのでしょうか?

これもいわゆる思い込みです。

最初、立花氏は「コロナなんて大したことない」というポジションを強行に取りました。桜を見る会をやると言って批判された挙げ句できませんでした。

N国党が桜を見る会2020を開催!で、誰がそんなの欲しがってんだろう?
今年の桜を見る会は国会で追求されているために早々に中止が決まっています。 しかし何故かN国党が今年の桜を見る会を開催するそうです。 総理がやらないようなので NHKから国民を守る党党首主催で 【桜を見る会】 ガチでやります...

実は立花氏は未だにこのポジション(立ち位置)を変えていません。変えることができないようです。ですからその時点からずっと今に至るまで自己正当化を続けています。

何とか当初の「コロナなんて大したことない」という意見が正しかったということを証明したいがためにコロナについて(素人のくせに)発言を続けています。

しかしコロナについてはN国党内部でも同意が全く得られず、立花氏はそれを察知してか今回「コロナ自粛から国民を守る党」を立ち上げると言っているのです。

立花「これからは経済対策を主張していきたい」

NHKをやれよ!立花

立花孝志の経済対策具体的な話から↓28:57くらい

立花氏によれば今後は経済対策について発言をしていきたいのだそうです。

具体的には「消費減税は今やっても大変だから入り(歳入)は触らない」のだそうです。消費税は10%のままで補償を細かくしていくのだそうですよ😅

っていうかそんなことをやるんだったら消費減税した方が早いのにな~って。

まあ悪いんですけど、彼がネットで調べて経済対策を考えるよりもその元を考えている人達がやった方が確実で実現性があるので、N国党並びに立花孝志は経済対策について考える必要性はないんじゃないんですかねって思うんですね。

NHK問題もそうですが経済政策なんて与党にでもならなければ何もできないでしょう。だからこそ党勢拡大が優先されるんじゃなかったのか…?

これは党勢拡大から逃げてるだけなのです。

最近(立花が)経済に目覚めたのか知りませんが素人さんが思い付きでやれるような対策は行政として実現性が困難なことばかりなのでもう考えるのを止めた方が良いと思います😌