立花孝志さんが休業要請を無視するパチンコ屋さんを相変わらず擁護してしまう

NHKから国民を守る党

今週のN国党です。

今週はまず日曜の地方選挙(鹿児島、新潟)が全敗でした。それから衆院補選の同姓同名の田中健さんの政見放送をYou Tubeで流したりということで立花さんは選挙活動をしていたようです。

ただ週末には「休業要請を無視するパチンコ屋さんを擁護する立場」を取ってしまいました。

スポンサーリンク

休業要請をするからには休業補償をするべきだ(立花孝志)

こちらは非常に残念な内容になっています。

まあ立花さんの言い分としては以上のような主張なんですね。

確かに今の政府がやっている休業要請は休業補償が無いのでおかしいですよね。

でも、パチンコ屋さんの売上を税金で補償するというのは国民の同意を得るのは難しいと思いませんか?っていうか無理でしょうね😌

飲食店でも普通の食べる方のお店であれば国民の同意を得ることは十分に可能でしょう。しかし女性が男性を接待するようなお酒が出る夜のお店の売上も補償となると国民の同意を得るのは難しくなってくるのは常識的なことです。

私個人が強く反対しているのではなく世論的に難しいようです。

立花が吉村知事を批判するも橋下徹が完全論破

橋下徹「休業要請に従わないパチンコ店名を公表した吉村大阪府知事を批判していた人たちは法律の条文を読んでいるのか?」

読んでるのか?
読んでるのか?
読んでるのか?

※吉村大阪府知事を批判しているのは他でもない立花孝志です

立花さんが読んでる訳ないですよね😌

新型コロナ特措法について「法45条2項3項で休業要請・指示をした場合には法45条4項によって『遅滞なく』『公表しなければならない』となっているんやで

なっているんやで
なっているんやで
なっているんやで

また”自称法律詳しい”というキャラ設定が法律の専門家に撃破されましたね…

橋下氏 吉村知事を批判する人へ「条文読んでる?」/デイリースポーツ online
 元大阪市長の橋下徹弁護士が28日、ツイッター投稿で、吉村洋文大阪府知事が、新型コロナウイルス感染防止のための休業要請に応じないパチンコ店を公表したことに関して、「休業要請に従わないパチンコ店名を公表した吉村大阪府知事を批判していた人たちは法律の条文を読んでいるのか?」と問いかけた。 新型コロナ特措法について「法45条...

パチンコ屋さんは特に違法なんで…

パチンコ屋さんに関しては警視庁が知らない振りを決め込んでいるだけでそもそも違法に当たります。※解釈によっては合法だ~とか言う意見もありますがその議論は他に譲ります

ただこういう問題のある業態の売上の補償を叫ぶのは止めておいた方が良いでしょう😌

メリットがまるでありません。

中小のお店でもちょっと大きなお店であれば一日に1000万円近くの売上も上がったりするようなのでこれを毎日全国のパチンコホールの補償を(例えば8割程度で)していくのは国民的な理解を得るのは絶対に不可能です。

中小ホールは生き残れないから営業しているは逆効果

更に突っ込んだ話をすると大手のパチンコ屋さんはすでに休業しているそうで彼らはこういうリスクがある業態であることを大昔から知っているんでしょう。後ろめたい業態であるのでお上が辞めろと言ったら素直に従うしかない、これ以上風当たりが強くなっては今後営業できないということを理解しているという訳です。

三店方式、違法賭博とかそもそも存在自体がヤバいですよね😅

立花さんが言うように「大手は体力があるから休めるんだ」というのも当然あると思います。しかし、ただでさえ風当たりが強い業態なのにこんな時に国民の憎しみを買うような行動に出ていては中小のパチンコ屋さんは今後生き延びていくのは難しいのかなぁ~と思えますねぇ。

立花「タバコ屋は健康に悪いから止めろよ」

さらに立花さんは感情的な話をし始めました。

パチンコ屋は助けたいがその願いが通じないので、今営業しているタバコ屋さんに「健康に悪いからこっちこそ休業させろよ」と言い始めます。確かにタバコは健康に悪いとは思うのですが合法なんですよね。

パチンコ屋よりタバコ屋を休業させろとか大変エモーショナルな話だと思います。

もしかしてコロナに対してタバコが悪影響があると立花さんは言いたいのかもしれません。しかし何と感染者に喫煙者が少ないという報告が上がってきたりしているのでやっぱり知らないのに「タバコ屋を(コロナに脅威があるから)閉めろ!」とか言うのは暴論ではないでしょうか?

しかもただ単にパチンコ屋さんを擁護したいがために…。

こういうところが「政治家に向いていない」ということなんです、立花さん😌

時事ドットコム

休業補償はするべきなのか?そもそもどうしたら良いの?

まず休業要請をするなら補償はするべきでしょう。これは正しい考え方です。

しかしそもそもこの問題は立花さんが力説するような「江戸時代から日本のお上は変わっていない」というようなことよりも、単に財務省がお金を出したくないということから始まっています。

「これ以上借金は増やせないし休業要請で済まそう」という感じです。

今回のコロナで全国的に休業補償をしていくとなると期間にも寄りますが概ね100兆円は必要じゃないか?という試算もあるようです。

今現在、国の借金ガー1000兆円超えたということですがコロナ休業補償による新たな借金のインパクトは大きなものとなります。

たった一瞬で借金が10%も増えるとなればオオゴトじゃないですか?🤔

(もちろん日銀引き受けで100兆円の国債はチャラだとかいう議論についてはもう大昔から聞き飽きてるんで結構ですw)

それよりも立花さん含めて権力に近い人々が「借金でもなんでもしていったら良い、まずは困っている人達を助けろ」と感情的に言うだけで結局何もできないのはどうしたことでしょう。

ヒーローになりたいのか知りませんが言うだけ言って何も成果無しとなればこれはまさに役立たずです。むしろ財務省のガス抜きとなっています。

こういうのはマジ辞めた方が良いと思う

言うだけなら私でもできますよ。問題は言うだけでなく現実として変えないといけないのでは?

立花さんは自称法律詳しいとか言っていますが、実際は法律違反をしたり「合法のタバコ屋さんは閉めろ、違法の疑いが強いパチンコ屋さんは助けろ」と抜かしているくらいなのですから法律のことなど本当は何も知らないし、遵守する気持ちなんて1ミリもないのです。

この際、法律を再び破ってでもパチンコ屋さんを助けてみてはいかがでしょうか?そのくらいの覚悟と結果を見せて頂ければ立花さんは間違っていないような気がしてきた!と周囲に胸を張って言えるような気がした今日この頃です。