立花孝志さん、自ら威力業務妨害と不正競争防止法違反を認めてしまう

NHKから国民を守る党

家宅捜索を受けて急遽、党首記者会見を行った立花孝志さん。

会見の中身は党首の立花孝志さん自ら「威力業務妨害」「不正競争防止法違反」を認めてしまうというものになっております。

そして犯罪を犯した理由とは「NHKが反社会的勢力に契約者の情報を流していることを(多くの人達に)知ってほしい」ということや「おばあちゃんがー、おばあちゃんがー」という感情的な内容になってしまいました。

スポンサーリンク

犯罪を防止するために行き過ぎた行為によって犯罪に抵触してしまった

立花孝志氏の主張というのは表題の通りであり、…であるから情状酌量の余地があるとしています。

しかしながら立花氏の主張というのは非常に感情的なものであり無理筋に当たるのではないか?というような印象を持ちました。

NHKの犯罪行為(※とは認定されていない)を止めるために(立花氏並びにN国党が)犯罪を犯してしまったのは法的には問題が確かにあったが仕方なかったので情状酌量するべきというような趣旨なのであります。

ただ立花氏が「おばあちゃんがー、おばあちゃんがー」を連呼する辺りはこの国の裁判所の習性をよく理解しての発言である可能性も否めません😅

※この国の裁判所の判決は裁判長が被告人から受ける印象によって大きく変わってきます。例えば境遇がとてもかわいそうな反省をしている被告人であると裁判長に強く印象付けることに成功した場合には減刑される場合があるのです。

逆に堀江貴文氏のように一切反省しない態度で裁判に望むと刑務所にブチ込まれます(笑)。

必死な弁明の立花氏は籠池コースか?

今回の会見の内容はともかく立花氏の態度は必死だなと感じられます。

それも当然ではあります。なんと言っても個人的に家宅捜索されたというわけではなくN国党自体が家宅捜索を受けているという段階ですから弁明も必死にならざるを得ないでしょう。

ただ立花氏本人がすでに「威力業務妨害」「不正競争防止法違反」を認めてしまっているので後は当局が立件するかどうかということになってきました。

私には立花氏が籠池コースになる道しか見えてきません😆

この騒動の前段階で立花氏は籠池泰典氏の森友学園問題に首を突っ込んでいてあの学校を買いたいとか財務省に楯突いていた訳なんですね。何の勝算もありませんが…。

※堀江貴文コースとも言います

その件ですでに5億円くらい借りていたお金から8,400万もの大金を森友学園に何故か寄付もしています。これってどういうことなんでしょうか?と。NHK問題に関係がありませんし選挙にも関係がないことに首を突っ込んだのはまあ良しとしても、8,400万円もの大金を寄付するという非常に不可解なお金の使い方をしているのです。

ただ立花氏の言動はずっと変わっていません。最近でも財務省に楯突いて、検察にも暴言を吐き、警視庁にもスピード違反で捕まった際には「(警官の)言ってることがおかしい」と因縁を付けて裁判するとか言ってみたり、まあヤベー奴ですよ😌

マジモンのモンスターが立花孝志なのです。

本人も認めているし逮捕されるんじゃないのか?

今回は6回目だか知らないですが○回目の被疑者となっており、初めて逮捕されるという可能性が高まっていますね。

やっぱり「おばあちゃんがー、おばあちゃんがー」と立花さんが感情に訴え出ている時点で苦しい限りです。被害者が誰もいないから逮捕されないとかあるんでしょうか?(笑)

ぶっちゃけ法律論としては自分でもアウト!と明言していますし後は罪が軽くなればいいなぁ~、っていうか悪いことをするために法を犯した訳じゃないから、そんな大事にはならねえだろ(願望)という口ぶりなんですね。

ちょっと厳しいですねこの感じは😌

法に触れたが道徳に触れることは一切していない

えーと最後にちょっとした問題点を指摘しておきますね。

立花孝志「法に触れたが道徳に触れることは一切していない」

こういうことを彼はよく言いいますし今回の会見でも言っていますが、道徳に触れてないので問題ないというのは完全に誤った認識でしょう😯

彼が言う道徳とは彼の中だけの正しさにすぎません。実際、彼が思う正しさは時としてトンデモ論であることもあります。

これはハッキリ言って彼だけの基準であり、日本という社会では一切認められない論理です。立花さんからすると「いやいや学校でも道徳とか教えてるやん、人を殺しちゃいけない、人からモノを盗んじゃいけないとかって」、そういう主張なんでしょう。

立花さんに知ってほしいのは道徳とか言われても人それぞれなので、そういう基準でセーフとか言われても思い込みになってしまいます。そういう思い込みでもって自己の過ちや言動を正当化するのは理論的に不可能であるということを信じるべきですね。

「道徳」とかいう怪しげなモノを信じるべきではありません。

何のために法律があるかを思い出してください。立花さんとNHKと考え方の違い、目的の違い、ルールの違い、これを公平に判断するために法律があります。道徳基準で正しいとか言ってたら党が潰れちゃいますよ。