NHKから国民を守る党で将来的に最も割を食う人物は誰なんだろうか?

NHKから国民を守る党

NHKから国民を守る党で最も割を食う人物は誰なんだろうか?という何とも検索に引っかかりにくいタイトルなのですが、そもそも割を食うとはどういうことかと言えば…

割(わり)を食(く)・うの意味

損をする。自分のほうに不利となる。「正直者が―・う世の中」

Goo辞書より

ということになります。

私が思うにこの人は将来的に割を食ってしまうだろうなぁ~ということについて書きます。

※無駄に長文です

これにて今年のN国党の記事を〆たいと思います(N国党について来年も書くかは未定です)。

スポンサーリンク

大橋昌信議員が最も割りを食いそう

長い人生何があるのか分かったものではありません。

N国党では最も古株組である大橋昌信議員ですが現在は地方議員をされていて、You Tubeも(立花さんのように)めでたくBANをされたりしているいわゆる”武闘派”の方です。NHKやNHK集金業務をしている会社に乗り込んで行ったりします。

大橋議員はどういう人かと言えば、その信条としては義(仁義)を重んじる、気持ちで政治活動をするタイプ(であると公言している方)です。

今どき珍しいタイプで気持ちを前面に出して政治活動というかN国党の活動も真面目に一生懸命やっている人だな~と私も思います。

でも何でこういう人が割りを食いそうなのか?

立花孝志と大橋昌信の考え方の違いが元で大橋議員は割りを食いそう

大橋は今もアンチと戦っている…!?

立花さんって頑張っている振りをするのが上手いじゃないですか?笑

何か2時間くらいしか演説してないのにずっと選挙活動やっている印象を植え付ける人です。でも実際には昼過ぎまで寝てるし嫌なことは一切しないみたいな生活のようです。

しかし大橋議員はどういう生活を送っているのかは知りませんがとにかく一生懸命頑張るマンなので…最終的には「これだけ頑張ってるのに評価されないのかよ…」みたいな事態に直面していくんじゃないのかなと予想されます。

これまでもそういう方向に動きそうな事態に直面しかけた場面があったと思うのですがその度に大橋議員が飲み込むみたいな感じだったのかなと。大橋議員も立花さんがどういう方針で選挙やっているのかを今ひとつ理解できかねていた部分もあったようですから。

しかしN国党が大きくなればなっていくほど大橋議員の存在意義も残念ながら薄れていきますし、大橋議員のような武闘派が頑張れば頑張るほど党にとってマイナスになっていくでしょうから、やっぱり

「これだけ頑張ってるのに評価されないのかよ…」

みたいなことになっていくんだろうなと陰ながら思ってしまいましたね。

最初から向いているベクトルが違うと思うんですよね。

大橋議員は「真剣にNHKの被害者を守りたい」だけど、立花さんは「(実は)自分のため(だけ)にやっている」みたいな…。

お金が無くて大変だった時期は信義を大事にする大橋議員が対価が無くても立花さんに忠誠を尽くして付いていった訳ですが(※立花にとっては都合が良かった、金を払わなくても頑張ってくれる部下だった)今後はN国党も”堀江貴文の秘書みたいな訳の分からない奴”が議員になって幅を利かせ始めるかもしれません。

それがどうしても大橋議員のような古株には面白くないし、「堀江貴文なんてどうせYou Tubeの再生数を上げるために(金のために)立花とつるんでるだけなんだろ」っていうのが見え見えな訳ですからどんどん不信感が募っていくんだろうなって。

またどうしても立花さんと大橋議員の考え方というか思っていることがそもそも違うんじゃないか?と思いますねぇ。

大橋議員は本当真面目な人だと思います。無名なのに選挙に強いのは有権者も嘘がないように感じるからじゃないですかね。

割(わり)を食(く)・うの意味

損をする。自分のほうに不利となる。「正直者が―・う世の中」

Goo辞書より

割りを食うの意味とは「正直者がバカを見る(割りを食う)」ってことです。

自民党は頑張っている人が報われる社会などと言っていますがやっていることは真逆ですよね~…。

立花孝志とは正反対のタイプ

立花さんは政治に関しては気持ちとか義とかそういうのは一切なく数字でやっています。

言ってみれば打算の世界です。

現実の政治において今どき義とか言っても裏切られる訳ですから難しいですよね。

自民党の菅さんも「裏切られっぱなしだ」ということです。まあ政界というのは魑魅魍魎が跋扈する世界だそうですからしょうがないのかなって。

そんなことで立花さんも「地方議員になれば年収1千万円だよ」、「公認上げるから衆議院に300万円出して立候補してね」、「公認が欲しいならボランティアしようね」、みたいな分かりやすい釣り針を出して釣って来ました。

大橋議員とはちょっと考え方が違いますし出発点も異なると感じます。

過去にはトホホな事件も


事件と言っては大げさですが過去には栃木県鹿沼市議選挙で粟屋さんという方が立候補したんですが粟屋さんがどうも選挙活動を余りやる気がないという態度だったんですね。

ボランティアの人達は一生懸命やってくれてるんだけど立候補した粟屋さんは座って飲み物飲んだり今ひとつやる気がないと…。

そんな態度を見て大橋議員は「こういう人は応援したくない」みたいなことになったみたいなんですね。

でも、栃木県鹿沼市議選挙って最初から当選する気がない選挙区で取り敢えず誰でも良いから出てということで粟屋さんという人を立花さんが立候補させたんですよね。だから別に一生懸命に選挙活動するようなところではなかったのです。そういうことで粟屋さんという方もそんな頑張ってなかった訳です。しかも粟屋さんは引きこもり気味の方でこれを機に頑張ってみようみたいな方だったらしく彼なりに頑張っていたようなんです。

しかし、大橋議員はそういうやる気がない奴は嫌みたいな人でいろいろネット上で嫌味にも取れるようなことを言って粟屋さんも何か嫌だな~って思っていたみたいです。最終的には話し合って双方の誤解というかわだかまりは解けたみたいなのですが、この小さな事件は象徴的だと思います。

大橋議員の言う義って何??

大橋議員が「信義を大事にしたい」みたいな感じで(表現はちょっと違うかもしれませんが)言っているのってどういう意味なんだろう?って今の人達は思うかもしれません。

仁義と検索すると「竹内 力 仁義」ヤクザ映画の仁義なき戦いとか出てきますしちょっと危ないワードなんじゃないかって思ったりするでしょう。

ただ仁義に関しては出典は論語とか儒教とか孔子・孟子の言葉だと思いますね。簡単に言えば人間が守るべき道徳、他人に対して礼儀上なすべきつとめ。義理みたいなことです。

そういう信義のようなものを大事にしているのが大橋議員のキャラだと私は思います。

ですから今どき珍しいやっちゃな~って。

おそらくN国党内では恐れられている人物の一人ではないでしょうか。何か人の道に外れるようなことは怒られるかもとか、選挙活動をサボると大橋に怒られるなとか、ある種のプレッシャーになっている可能性はありますね。

党首の立花さんがそういうのが一切ない人なのでN国党ってサボりたければサボり放題な面もあるでしょう。それにストップを掛けるのは(多分だけど)大橋議員なのかなって思います。

まあN国党の中にいるわけじゃないので大橋議員がどれだけの存在感があるのか不明ですが地方議員の中ではそういう存在であるかもしれまえせんよね。かもね。