今週のN国党11月第一週※キャバクラで候補者をスカウト?

NHKから国民を守る党

今週のN国党は海老名市長選挙があり選挙運動を行っていました。

海老名市長選挙は落選ですね。問題は市議選なんでしょうがこちらは蓋を開けてみないと分からないです。明日投開票なのかなと思います。

また次期衆院選の候補者も探しているということですが難航しているみたいですね。

今度はキャバクラに行って”訳の分からない人”を候補者にした?ようでますますN国離れが加速しそうです。

今のN国党は既存の支持者を切って新規にまた支持者を獲得しようとしているという損な戦略に終始しています。

スポンサーリンク

エンリケさんを勧誘ナウ?

エンリケって誰やねん?っていう感じの方は多いと思われますがキャバ嬢らしいです。

日本一稼ぐキャバ嬢という話でこの人をついに衆院選の候補者にするようです。

絶対受からない枠なのか、それとも本気で当選させるのかは知りませんが今の立花氏にとっては金を稼いでる=有能、偉いということになっているみたいです。

さすがに有権者としてはこんな人が国会議員になった日にはバカらしくて税金を収める気力が失せますよね?今でもそうなのに。

世間の声ですがコレ自体が「滑ってる」という評価が多いみたいですよ。何が「オモロイねん立花」っていう最近の立花氏への評価はこんな感じです。若い人も呆れてるっていう。

こういう政党は一旦逆風になるとキツイです。

どう考えても客は反社

※今後はこういう演説内容で行くのかもしれませんが総スカンになりそう


立花氏の演説によるとお金持ちがいっぱいキャバクラに来ていて一日何億も落としているそうです。

本当かって思いましたが多分吹かし入ってますよね。今どきは銀座ですら客が激減している中でキャバクラがそんな儲かってるのか?

もしそうだとすれば100%客の中に反社が入ってますよね。そんなのを素晴らしいとか言っちゃってるけど認識が甘いなと思いますよね。

だからサーファー何とかみたいな頭おかしいヤツに絡まれるんじゃないのかなって。

そういうのを呼び寄せてしまっている現状を一回休んで省みた方が良いのかもしれませんよって思うんです。議員辞職したんですから。

お金持ちの話は聞かないといけない、お金持ちは悪いことはしていない

立花氏は以上のように繰り返しています。いや~そんな訳ねえじゃんってw

100%悪いことをしている人たちばかりとは言いませんが、最近の世情では特に悪いことしないとお金がイッパイ入ってこないんですよね。

大大企業のゆうちょさんですら極悪な営業をしてるんですよ。今の時代、金稼ぐって言ったらほとんどはまっとうなことでは不可能です。

立花氏も議員になる前はパチプロなどという底辺が負けてパチンコ屋が儲かってそのおこぼれに預かるというようなことをしていました。パチンコのメーカーは今上場しているところが多いですがそれは底辺のユーザーから巻き上げた金で踏ん反り返ってるのでとても非難されていますよね。褒められたものではないんですよ。

三崎優太に関しても犯罪ではないですが、お試し680円フルーツ青汁とか言って買わせてそれは実は定期購入で電話しても解約できない、といった悪質なサービスによって大金を稼いで来たのです。消費者庁にもバンバン通報が行って税務当局はそれを当然知っていたから「お前は絶対許さない、起訴させる」と国税に脱税でイカれたという顛末なんですよ。別に嫉妬とか国税のえこひいきとかじゃないですよね、物事には原因と結果というものがあるんですよ。

ハッキリ言ってそんなのばっかり集めて戦っても有権者の支持は得られないんじゃないんですかね~と。キャバ嬢も絶対客が反社入ってると思いますよ。マジで立花孝志は世の中について一回考え直した方が良いです。

毒をもって毒を制するのか?

立花氏にしてみれば毒をもって毒を制するんだということなんでしょうがちょっと電通とか電波利権みたいな巨悪を倒すのには毒が弱すぎるんじゃなかろうかと。

まあでも立花氏は倒すとは言ってないので勝手にNHKについては倒れると言っていますからここは勘違いしてはいけないような気がします。

NHKが勝手に倒れるまでN国が持ってれば良いんですが。

現状ではN国は非常に損な戦略を取り始めています。

既存の支持者をどんどん切ってまた新しい新規の客(支持者)を獲得しようとしています。新規で取るのって大変じゃないですか?だからマジで損なことしてんな~って。しかも絶対に選挙行かない層に向かって支持を獲得しようとしてる感じなので大丈夫じゃないですよね。

立花氏が狙っているのは選挙に行かない無党派層のようですがそこは選挙に死んでも行かないのでテレビでクソ煽ったりするか、あるいは大失業時代にならない限りそこは選挙に死んでも行かないんで取り込んでも無駄でしょう。