N国党が仲間割れ、立花が選挙中にブチ切れ、上杉がデマを誘発※大丈夫かN国?

NHKから国民を守る党

今週もN国党にはいろいろあったようですね。

ワタクシは最近忙しいので平日になにがあったのか追えていないのですがどうもN国党は本格的に迷走し始めた感じがヒシヒシと伝わってきました。

やっぱり党の方向性が立花氏のその時々の思い付きによって右往左往するので

一体何が正解なのか?が党内で共有されにくいのかなといったところです。

また立花氏がフラストレーションを抱え始めているという兆候が見られます。

スポンサーリンク

今週のN国党 2019年10月後半

・N国党が仲間割れ

・上杉がデマを誘発

・立花選挙中にブチ切れ

・立花氏が派遣社員(35)を私人逮捕

こんなところが主な事件というかまとめですね。

N国党が仲間割れ

この詳細については正直追えていないのですが金曜日にあるN国党の定例会見でも質問が飛んでいました。


何でもさゆふらっとまうんどこと平塚正幸という人(この人はいつの間にかN国なんですね?)と他の党員(大橋とか)が揉めているようです。

これについて立花氏は定例会見で「一切止めない」と明言。ここで止めてしまうと彼らが成長できなくなる、だそうです。うーん。

上杉がデマを誘発

次はN国の幹事長である上杉氏がYou Tube上で辞任について言及すると…メディアが一斉に「上杉がN国の幹事長辞任」の報。

しかし実際には上杉氏が辞めたのは選対本部長ですかね。幹事長は辞めていません。

彼が何をしたかったのかと言えば既存メディアが自分にちゃんと確認して取材してから報道するのかどうかを見たかったようです。しかし彼の予想通り、既存メディアは憶測でもって「上杉がN国の幹事長辞任」とデマを報じました。

そして上杉氏は既存メディアはデマを報じても謝罪しない、相変わらず謝罪も反省もしないだろうとしています。そもそも上杉氏はアメリカ仕込みのジャーナリストでアメリカ基準でジャーナリスト活動を行っているために日本のジャーナリズムやメディアのあり方は問題だということを言いたいみたいですねぇ。

まあ日本のメディアは無茶苦茶で裏も取らないしデマばかりですが今回の件はそうなるべくしてなった話でしょう。

立花選挙中にブチ切れ


立花氏は最近では完全に左アレルギーになっているようで山本太郎応援隊みたいな人たちに質問されるともう耐え難いような顔をして拒否感をあらわにするようになっています。

隣の応援しに来てくれた青汁王子もやや引き気味ですね。。

これまでも同じような感じで、しつこくこういう応対をされているのかもしれませんがかなりキレ具合です。ヒステリーとはまた違った反応に見えるのですが変な切れ方だと思いました。

感情の起伏が精神的に不安定な感じの人に見えますし、ここら辺が立花氏の統合失調症治ってないんじゃないの?という根拠になっています。

立花孝志は病気なのか?統合失調症が治っていない?
NHKから国民を守る党の立花孝志氏はかつて精神を病んでいたということを公表しています。 何でもかんでも公表してしまうという戦略なのかそういう性格なのか、いろいろあると思うのですがとにかくNHK時代に悲惨な目に遭って以来、うつ病やら統合...

立花氏が派遣社員(35)を私人逮捕


こちらはメディアでも報じられていますがまたN国党は選挙妨害に遭い私人逮捕しました。

N国党首の演説妨害疑い 参院埼玉補選、35歳男逮捕
27日投開票の参院埼玉選挙区補欠選挙で、候補者の街頭演説を妨害したとして、埼玉県警は26日、公選法違反(自由妨害)の疑いで、同県八潮市の派遣社員、鈴木太一容疑者…

選挙妨害は結構重い罪なので、やらないと思いますが止めましょう。。

N国党は衆議院議員を増やすことに焦点を置いていると言うが…

まとめとしては立花氏の政治活動は余り良い方向に進んでいないということですね。

直近の埼玉補選は最初から負けるのは分かっていますがそれよりも衆院選にマトモな候補が探せないことが当面の問題だと言えますね。

多分著名人はホリエモン以外に可能性がなさそうです。

何かビックリするようなCMにも出ている有名タレントも擁立するとか言っていましたがこれも当然立ち消えになったようですし、今有名人がN国から立候補するメリットが無いと思いますね。

立花氏としてはそれが分かってきたし、上手く候補者を探せていない現状に苛立っているところはあると思います。

またお金の面でもYou Tube収入が無くなり(これもある程度は計算に入っていただけに実際には痛手でしょう)コールセンターの人員を早くも整理したりと経済的にも計算が狂い始めているのも事実で。

自身もすぐに参議院議員を辞めてしまったし党から給与を出すんでしょうが、結局党運営のためにまた借金を増やすことになるやもしれません。

また「衆院選で300万円出せば市議会議員になれるよ」みたいな水物の約束でもって衆院選候補を募集しているようですが地方選も苦戦していますし、そういう確実ではない約束でもって300万円出させてフェイク出馬させる戦略は(現状の党勢では)後に禍根を残す結果となりそうです。

備考:次期衆院選ではまた全国にフェイクでN国候補を出す予定です。まず絶対に落選する衆院選の300万円の供託金を自費で出して立候補できる人は優先的に衆院選後の地方選にN国公認候補として勝ちやすい選挙区で立候補できる権利を獲得できるという内容です。