また立花孝志が奇行?メンタリストDaiGo様に土下座謝罪

NHKから国民を守る党

また立花孝志氏が奇行とも思える動画を出していますね。

メンタリストDaiGoさんに謝罪します。

私からするともう訳が分からない内容になっているのですが、事の顛末は以下の通りです。

①メンタリストDaiGoが立花に謝罪要求動画を出した。→こちら

②その内容とは立花が「メンタリストDaiGo」を「メンタリストDiGo」とホワイトボードにずっと書いていた。そろそろちゃんと正しく書いて下さいよという内容の動画だった。

③立花が「メンタリストDaiGoに見捨てられたらもう終わりだ」とまで言って謝罪(上記動画)

スポンサーリンク

立花孝志は頭がおかしいのか?

ハッキリ言って内容的には大したことない話です。

メンタリストDaiGo君も冗談っぽく「そろそろ表記を直してくれよ立花さん」ということだったのでしょう。

しかし立花氏の反応は異様であり20歳も年が離れたような若者にとにかく平謝り、更には「メンタリストDaiGo様」とちょっとこの人大丈夫か??というくらいのへりくだった有様です。

ぶっちゃけ端から見るとダイゴだろうがディーゴだろうがどっちでもいいんじゃねえのって。喋りではダイゴ、ダイゴって言ってるし大した間違いじゃないわけだからそんなに謝罪しなくてもいいじゃんって。

これは土下座謝罪に等しいです。だって理由を聞く前から謝罪してるんですからね。

立花孝志は異常なのか?したたかさ?

立花氏は明らかにメンタリストDaiGoを崇めていると見せかけて、メンタリストDaiGoの裏にいる若い信者に向けて動画を発信しているということが見て取れます。

メンタリストDaiGoのYou Tubeの登録者数は158万人で立花氏の3倍以上です。しかもその登録者数はほぼ10代~30代前半くらいの若い人だけでしょう。

この世代を立花氏はブルーオーシャンと言っています。10代~30代前半くらいは最も選挙に行かない層で支持政党が無い層です。

今現在立花氏が狙っている層を信者として囲い込んでいるメンタリストDaiGo氏に見捨てられたら本当に大変だという算段でこの平謝りなんでしょうね。

ちょっとね、異常な行動にしか私には見えませんが、実際にその効果があるようで動画の再生数も多いです。

最近では立花氏の動画の再生数は10万回台となっていますがこの(クソみたいな内容の)DaiGo氏への謝罪動画が30万~40万回再生レベルになっています。

それだけ若い人達も立花の動画を見ているという結果になっていますね。

N国はブルーオーシャンを取り込めるのか?

N国にとってのブルーオーシャンとは18歳~30代前半くらいの若い選挙権を持つ層だと言えます。

一般的には現在、若い人は自民党支持、安倍支持だとかマスコミの調査ではなっているようですがそれは全体的にはあり得ないことです。

実際には選挙なんて一回も行ったことがなく、政治にも一切興味がないという層でしょう。ここは立花氏もそういった正しい認識をしていると思います。

ただ、この層を選挙に行かせるのは至難の業だと言えますね。何か今のようにYou Tubeで騒いで注目を受けようにもそもそも政治には興味がない層ですし、メンタリストDaiGoから学ぼうとしている若い人達の目的というのは「個人として現実社会で上手くやっていくにはどうしたらいいのか?」ということでしょう。

一方、立花氏の目的は社会を変えようということであり、若い人達はまず自分のことで悩んでいたり、困っていたりしているのでちょっと意識の差が大きいのかなと。つまり支持者として取り込むのは非常に難しいだろうということです。

N国は足踏み状態、むしろ不信感が拡がっている?

最近のN国は足踏み状態です。

支持者を増やそうにも中々これは難しい。

立花氏のYou Tubeの登録者数ですら足踏み状態で動画の再生数はダウン気味ですね。

N国自体は立花氏によると「今後6年間で10億円もの税金を受け取ることがほぼ確定している」ということでここは異論がありません。

しかし次なる展望については疑問符で立花氏が「文句あるなら支持しなくていい、自分でやれ」とか「俺は天才だ、能力が高い人間だ」とかいう言動が飛び出していて、またいつもの悪い癖が出ているようです。

今に始まった訳ではないのですが彼は言っていることがコロコロ変わったりします。『ちょっと大丈夫なのかな?この人』みたいな不信感が今年獲得した信者さんの中にも拡がっている頃なのではないかなと思われます。

正直ホリエモンに認められたのかどうかも疑問符ですが、「ホリエモンにも認められた俺」みたいなことを言って自分は能力が高いと吹聴しているのは明らかにマイナスです。そもそもN国を支持するような人はホリエモンが嫌いな人が多いでしょうからねぇ…(笑)。

あとは「早く議員を辞めて裏に回りたい」というのは本音なんでしょうが(多分、立花氏が朝起ききれないとか議員という立場がいろいろな点で面倒になってきたんでしょうw)、立花氏が受けているのは本人のキャラなのでその戦略が当たったからじゃないと思いますね。

ぶっちゃけ戦略と言っても行きあたりばったりがほとんどで2年前はもう選挙辞めようというところまで追い込まれていた訳ですから、今のN国の議席数は単に既存の政党に対する政治不信からの追い風によるものに過ぎないと立花氏が自覚しているなら良いのですが、最近の言動から推測するにどうも「俺の力だ」と思い始めている感じですね。うーん悪いところ出てるな~って。

まあ別に支持者に対して忖度しろとか頭を下げろとは思いませんが、メンタリストDaiGoやホリエモンには平身低頭な姿勢を明確に打ち出している現状というのは政治活動としては明らかにマイナスですね。議員になった途端に強者には平身低頭、弱者は切るみたいな印象しか受けません!

まあココらへんは立花氏が東国原が好きとか言っていたりしていた頃から違和感を感じていた人も多かったとは思いますが…。立花氏自身はミーハーなオジサンです。もっと言えばマスコミ出身の人でテレビ大好きなオールドタイプの人ですからね。

とにかく直近では既存の支持者を失い、新しい支持者を獲得できないということだけは避けた方が良いと言えるでしょう。このままでは泡沫政党に終わってしまいますね。