スポンサーリンク

ロードスターRFの発売時期はいつ?価格スペック詳細

ロードスターRFの発売が決定しています。

発売時期は2016年10月の予定です。

尚、日本発売のRFは2.0Lモデルとなり、昨年発売された新型ロードスターの1.5Lモデルとは異なります。

それでは以下から価格スペック詳細になります。

スポンサーリンク

ロードスターRFスペック

TYE

ロードスターRF
全長 3915mm
全高 1245mm
全幅 1735mm
エンジン 直4・2.0L
駆動 FR
ミッション 6MT
価格 300万円前半
最高出力 157ps
最大トルク 20.4kgm

ただのロードスターと何が違うんだろう?

普通のロードスターとの違いはハードトップであるというところがまずありますね。

いずれもオープンカーなのですが、こちらのロードスターRFはわかりやすく言えば金属の屋根であると。

普通のロードスターはソフトトップと言って幌(ほろ)の屋根になりますね。

個人的な見解に過ぎませんが、オープンカーを買っても屋根を開けることは余り無い人が多数ですので、ハードトップの方が屋根を閉めた状態が見栄えが良いのでRFの方が良いかもしれません。

ただこちらの方が価格は高いということになります。

排気量もRFが上です。


前述のように日本発売車はRFが2.0L車、普通のロードスターは1.5L車になります。

ここは海外版ではどちらも1.5L、2.0Lの選択肢がある地域もあるんですが、地域によって販売する排気量が違っています。

日本の場合は上記の形になるということになります。後になって選択肢が増える場合もありますが、現状ではそうなります。

RFって何?

ロードスター「RF」って何?ということですが、

R=リトラクダブルハードトップ

F=ファストバック

という意味になります。

Retractable(リトラクダブル)とは格納式とか収めるみたいな英語ですね。

つまりハードトップの屋根を格納するタイプですよ~というロードスターです。もっと言えば電動でオープンになったり閉じることができるのがロードスターRFです。

で、fastback(ファストバック)とは車の形態を表した俗語みたいな感じですかね。

乗用車の型式の一。屋根からトランクの後縁まで段がなく,一本の曲線でつながっているもの。

weblio.jpより

何となく分かって頂けたでしょうか?

スポンサーリンク



特集記事
aot32