スポンサーリンク

新型アウディA6の価格一覧※発売日は2015年7月30日

新型アウディA6が発売されましたね。

発売日は2015年7月30日になっています。

もうすでに発売されているのですが、まだまだお悩みの方も多いかも?という状況かもしれません(-_-)

【新型アウディA6の価格一覧※消費税込】

A6 1.8TFSI・・・626万円

A6アバント1.8TFSI・・・660万円

A6オールロードクワトロ・・・959万円

S6・・・1308万円

S6アバント・・・1346万円

RS6アバント・・・1729万円

という価格設定になっています。

こちらが→アウディA6の公式サイトになります。

例によって若干重めですから見るのは大変かもしれません

スポンサーリンク

新型は上記のグレードのみです

A6A

アウディA6には2.0クワトロなど他にもグレードがあるということはご存じの方が多いと思います。

しかし今回の新型は上記で示したグレードのみということになっています。

購入層の方がよく分かりませんが、A6 Avant 2.0 TFSI quattroとかこの辺りが売れそうなグレードなのではないかと思われたのですが、そこは新型がないということのようです。

まあA6ともなるとセダンでという方が多いのかもしれません。

何が変わった?新型A6

今回の新型によりデザインがまず更なる質感向上という形で一新されたということになっています。

またマトリックスLEDヘッドライトというアウディの最新の自信作でもあるライトも装備されています。

→マトリックスLEDとは?(アウディ公式サイト)

何かすげえなっていう。名前もそうですし、安全性というかガンガン光ってますよね(^_^;)

どや感が凄いライトですが、最近の主流はこういったLEDライトの採用にありということが高級車の流れだと思います。

燃費も向上しているアウディA6

また燃費性も向上していて効率性は15%超の改善となっています。

輸入車と言えば燃費は余り期待できないというところは否めませんが、アウディの場合は高級車ではありますが燃費性や走りの良さも追求されているブランドですから、そういった点で他の高級車ブランドの違いがあるような気はします。

上品、都会的というイメージがあるものの車性能自体は道具感的な良さが追求されている傾向があります。

例えばクワトロ(4駆)なんかは有名ですよね。走りの4WDということですが、ぶっちゃけ雪国で走れる4WDはアウディが有力でしょう。

メルセデスの4マティックになると目玉が飛び出る程、高額になる場合も多いですのでアウディのクワトロは比較的ですが購入できる感じはしますね。

ドイツの高級車の場合はFRが多いのも気掛かりです。今の新型メルセデスのCクラスはとても出来が良いという評判で売れているし、実際に素晴らしい車なのですがいかんせんFRですからね~。

4マティック(4WD)もありますが買えませんね(^_^;)

そういうことで冬に多少でも雪が降る地域にお住まいの方にはアウディのクワトロは安心でいいんじゃなかな~という話でした。

A6は高いですが、A4やQ3(SUV)とかもありますしね。

スポンサーリンク



特集記事
aot32